内緒の儲け話

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
脳と身体のメンテナンス
いつもお読みいただき
ありがとうございます。

今回は「健康」について
書きます(^^)

「えっ?
お金のブログなのに
健康のこと??」
と思うかもしれませんね。

そうです、
健康のことです。

病気で寝込まないように
という狭い意味ではなく、
あなたの脳と身体の可能性を
最大限に活かす広い意味で、

「健康」は
あなたの能力を引き出すための
重要な要素です。

明日こそやろうと思っても
朝起きると体がだるい、
なんとなくやる気が出ない、
寝不足でぼーとしている、

そんな覚えはありませんか?

あなたが新しいことに挑戦する
気になれなかったり、
何度打ち消しても
不安に襲われたりするのは、

脳と身体のパフォーマンスが
下がっていることが
その一因かもしれません。

こんなことに
心あたりはありませんか?

・朝起きて「はあ、疲れた」と言う
・頭が重い、頭痛がする
・肩こりがひどい
・だるくていつまでも寝ていたい

・運動をしようと思っても
重い腰が上がらない
・昼間ずっと眠い

以前の私は
これに80%該当していました(笑)

このような状態で
ポジティブシンキングを
気にしても
かなり無理がありますね。

これらの状況を突破するために
何か一つあなたの気になる健康法を
試してみましょう。

私は医師でもスポーツトレーナーでも
ないので、

本を読んだり、
詳しい人の話を聞いたりして
完全に自己流です。

やってみて、体の調子を
確認する。

いい感じならOK。
疲れが残るなら、軽いメニューにする
等、自分の身体と相談しています。

私がこの1年でおこなって
今ではほぼ毎日の習慣となっているのは

・朝起きてミネラルウォーターを飲む
・朝、野菜とフルーツの生ジュースを飲む
(酵素を壊さないスロージューサーを使用)

・朝、ヤクルト400を飲む
(400はガゼイシロタ株が
普通のヤクルトの4倍)

・朝ご飯は野菜と少しのお肉か卵
(生ジュースで充分なので)

・トランポリンエクササイズを15分やる
(軽く飛んだり、トランポリンの上で
ウォーキングや上半身のストレッチ)

・夕食にキムチを食べる
発酵食品で腸内細菌を増やします。
辛さで体温が上がるので
寝付きを良くする効果も有。

・寝る前にアロマオイルで
足裏と首肩のマッサージ

・部屋を真っ暗にして寝る
・深夜1時~早朝6時はコアタイムで寝る

・寝る前に布団の中で深呼吸
・楽しいこと、嬉しいことを
イメージしてニヤニヤして眠る

・朝、起きたら、日光を浴びる

・やる気が出ない時はとことん遊ぶ
遊び倒すとその後にぼちぼちやるか、
という気になります(笑)

・肩こりは整体でほぐす

・健康法をやらない日があっても
気にしない

こうやって書くと
かなりありますね。
自分でもびっくりです(笑)

ここまでやらなくとも、
何か一つ自分にとって出来そうな
健康法をやってみましょう。

食事
睡眠
運動

どれかの分野の健康法の本を
2・3冊ぱらぱらめくると
その気になってきます。

食事は特に食べ過ぎないこと、
睡眠は良質な睡眠を適度に取ること、
運動は自分の出来そうなものから
始める

どれか一つでも
少しづつやってみると

身体が軽くなったり、
頭がすっきりしたり、
何か体感するモノがあります。

身体の調子が良くなると
精神状態は一定以下には
下がりません。

なんとなくエンジンがかからないかな
と思っても、
0以下にはならないような感覚です。

何かの健康法にチャレンジして
3日坊主でも構いません。
3日して止めてしまったら、
また他のことをやる。

それも飽きたら他をやる。
しばらくしたら最初のことを
やってみる。

そんなサイクルもアリだと
思います(笑)

仕事が忙しすぎる方は
思い切って有給休暇や
お休みを取るのも手ですね。

忙しい職場で休めないんです、
そんな声を聞きます。

でも、無理をして
長引く熱を出したり、
偏頭痛で動けなくなることを
考えたら

早めの休息をとるために
「熱が出た」ことにしておくのも
一計かも。

新しいことに挑戦したり、
いいアイディアを出すために、
脳と身体のメンテナンスを
見直してみてはいかがでしょうか。




スポンサーサイト
| 欲張り生活 | 23:59 | トラックバック:0 | コメント:0
心の底から欲しいもの
「お金持ちになりたい」
「どうやったら稼げますか?」
このようなブログを書いていると
そのような質問をよく受けます。

最近感じることは、
「お金持ちって何だろう」
ということです。

私は
「必要な時に欲するものを
調達できる状態」だと
思っています。

日本銀行券に限らず、
現物支給でもいいのです。

北海道に旅したい時に行ける、
イチゴの季節に
もぎたての甘さが楽しめる、
好きな美術展を見に行く、

そういった自分を豊かにする
時間を過ごすことができること、

機能的に自分が必要なモノを
ストレスなく使いこなして、
気持ちが満たされていること、

それがお金持ちかな、と
思っています。

多くの人が
「どう収入を増やすか」
ということに目を奪われ
振り回されているように感じます。

収入を増やす考え方については
別の記事で書いていますので、

今回は「どんなお金持ちを目指すのか」
ということを考えてみます。

なぜ、あなたはお金が欲しいのでしょうか?

新しい車も欲しいし
洋服も、化粧品も、
ゴルフのクラブも古くなってきたし、
友達と飲みに行くにもお金が掛かるし・・

その気持ちは分かります。
私もあれこれ欲しくなりますから(笑)

けれど、ここでちょっと
考えてみたいのは
その「欲しい」気持ちは
本当にあなたの気持ちでしょうか?

私の気持ちでしょ、
俺が思うんだから当たり前じゃん、
と言うかもしれません。

けれど、私たちはいつも
テレビや雑誌、インターネットの
情報によって、
多くの刷り込みをされています。

テレビドラマで主人公が演じた
職業が翌年の「憧れの職業ランキング」に
入ったり、

バラエティ番組で紹介された
食べ物が翌日売れ切れたり、
取材されたレストランに
行列ができる、

CMソングでよく耳にするメーカーの
洗剤を選ぶ、

あなたの毎日は
そういった普段気にしていない
企業広告に踊らされている
可能性がある、ということです。

広告はCMだけでなく
ドラマ、バラエティ番組、
ファッション雑誌、と

あの手この手で
あなたの無意識にその商品を
植え付けています。

私はテレビをほとんど見ません。

子供のアニメを後ろから
のぞく位です(笑)

今のテレビは
スポンサー企業の意図に従って
番組を作っていますから

余程見る番組を選んで
テレビと付き合わないと

なんとなく、つい
テレビを見てあっというまに
時間が過ぎている

女優さんが着ていた服の
ブランドのショーウィンドを
憧れの眼差しでのぞいている、
ということになります。

回りから押しつけられた
価値観ではなく、

自分が本当に必要なモノは何か
一度考えてから購入すること。

バーゲンのジャケットでなく、
ブランドのこのジャケットが欲しいのは
なぜ?
と考えてから、

生地の機能や、
10年間着たいと思える着心地の良さを
納得できたら、買えばいいのです。

そうでなければ、
ブランドのシャツ1枚よりも
ユニクロのシャツを5枚買う方が
機能的なこともあります。

あなたが本当に自分の意志で
欲するものは何か?

テレビや雑誌に関係なく

誰も見ていなくても
寝食を忘れて没頭するくらい
好きなモノ

そういうモノのために
お金を使う

そのようなことを意識してみましょう。

高い会員制のスポーツクラブに
入らなくとも
小さな自然を楽しみながら
ウォーキングをする

農家のおばあちゃんが
重そうな荷物を運んでいたので
手を貸したら
取れたての野菜をもらった。

そのような生活は
案外それほどお金を必要と
しないかもしれません。

回りから作られたイメージで
何となく欲しいモノを追い求めると
もっと欲しい、まだまだ足りないと
いつも欠乏感に襲われることになります。

私はカフェが好きで
よく行くのですが、

500円のコーヒー代を払って
ゆったり流れる時間、
リラックスできる空間を
買っています。

その時の私は
100円のコンビニエのコーヒーよりも
ゆったりとした空間と時間を
求めているからです。

手早く温かいコーヒーを
欲しい時は
コンビニのコーヒーを買います。
最近のコンビニの
コーヒーは安くて美味しいです(笑)

車が欲しいのか、
車に乗ると恰好良くて
女性にモテそうだから
車を見ているのか、

モテる手段なら他にも
いろいろありそうですね(笑)

自分が何を求めているのか、
どんな機能が必要なのか、
何が自分を豊かに
満たしてくれるのか、

改めて
自分の身の回りの
「欲しいもの」を見直して

精神的に満たされた
あなたの日々を
手に入れてみませんか?




| 欲張り生活 | 09:14 | トラックバック:0 | コメント:0
青い鳥の公式
ビジネスの基本は
世の中の人が必要としている
モノやサービスを提供することです。

どこかに儲かる話はないかな、
ニッチを探して、
ビジネスチャンスを狙ってやろう、

起業を考える人は、一度は
そのようなことを考えたことが
あるかもしれません。

けれど、このような考えを
追い求めることは

幸せの青い鳥を探して
旅をするチルチル・ミチルのように
自分の身近にあるモノに
気が付いていません。

人の手が足りない部分を補う、
悩みを解決する、
楽しみを提供する、

そのような「人の役に立つ」ことに
着目してみましょう。

そして、
あなたの行動の積み重ねが
コミュニティを形成し、

「あなたから買いたい」と
思われるような人のつながりを
生み出します。

それは、異業種交流会のような
形式ばったものでは
ありません。

犬が好き、
絵を描くのが趣味、
マラソン仲間、
というような

趣味のつながりでも
構いません。

同じモノを買うなら
気心の知れている人から買う、
という経験を
したことがあるでしょう。

そしてもう一つポイントは
「あなたが信頼されているか」
ということです。

約束を守らない人や
裏表のある人、
人の悪口を言う人、等

信頼できない人から
モノを買おうとはしません。

自分だけが得をすればいい
というような計算高い人も
敬遠されます。

あなたが提供するサービスを
真っ先に
一生付き合っていきたい友人に
勧めたいかどうか、

一つの尺度として
見直してみましょう。

あなたの提供する
モノやサービスが
ビジネスとして
成り立つかどうかは、

「必要性×信頼性」
と示すことができます。

ソーシャルネットワークが
発達した今の時代を加味すると

「必要性×信頼性×コミュニティ」
という図式であれば
より効果的なビジネスとなります。

この図式では、
どれか一つが0だと
結果は0になってしまいます。

どれか一つが0.5だと、
結果は半分です。

少なくともすべての要素を
1.1~1.2以上にして
かけ算をする

それがあなたにとっての
青い鳥、ビジネスの意義が見つかる
着眼点かもしれません。


| 商売のコツ | 20:43 | トラックバック:0 | コメント:0
「宝島」はどこに?
あなたが商売を考える時、
「稼ぎたいな~」とか
「儲けたいな~」と
思うことでしょう。

それは、世間の常識から言うと
当たり前です。

ところが、
この「稼ぎたい」という
気持ちを越えたところに

ビジネスの本質があると
最近思うのです。

「商売だからお金をもらうでしょ」
「ただでやってあげる訳には
いかないよ」

それはもちろんです。

無料で取り引きしろ、
という意味ではありません。

商売をしようと計画する時に

「売上げ」や「利益」を考えて
ビジネスを組み立てるのではなく

その商売があると
「誰の」「何が」便利になるのか
「誰の」「どんな」欲求が満たされるのか
という視点を考えてみましょう。

一人の人の
・不便を解消する
・悩みを解決する
・欲求が満たされる

その人が、その商品やサービスに
出会った時、

思わず、
「欲しいです!!
いくらで譲ってくれますか?」と
身を乗り出してしまうような

そんなモノを提供する、

そこが商売の原点、
スタートではないでしょうか。

誰か一人を助けることが
100人、1000人、1万人の
需要につながっています。

あなたが「稼ぐ」「儲ける」ことを
念頭に置いていると
それは自然とお客様や取引先に
伝わります。

「この人は私のためでなく
自分のために商売をしているんだな」
と感じた瞬間、

お客さんは急速に離れていきます。

逆に
目の前の人のために
あなたが出来ることを
真剣に取り組んでいくと

徐々にあなたのビジネスファンが
集まってきます。

あなたの取り扱う商品は
ユーザーの不便を
解消していますか?

あなたのサービスがあることで
困っている人の生活が
変わりますか?

あなたのビジネスに関わる人は
そのことで喜びを感じていますか?

そして
「こんないいモノがあるんだよ」と
思わずお友達に話してしまうような
感動を呼び起こしていますか?

「商売はキレイゴトじゃない」
そう思うかもしれませんね。

もちろん、
「原価を無視して、自腹を切って
商品を提供し続けなさい」
という意味ではありません。

「人々の気持ちに寄り添うこと」
をスタートとして

「誰が何を必要としているか」を
多くの人と交流する中で肌で
感じること、

その土台の上に
ビジネスを組み立てていくのです。

原価計算書の上に、
お客さんはいません。

お客さんは、
満員電車に乗って通勤したり、
友達とお酒を飲んだり、

コンビニの化粧品サンプルを
試したり

そんな日常の中にいるのです。

最終的には、
仕入れの計画書や
収支の計算書は必要でしょう。

ただ
最初に「儲け」ありきでは
人は徐々に離れていくでしょう。

あなたの商品やサービスが
家族や友達の
「何の役に立つのか」

まずはその視点から
スタートしてみませんか?




| 商売のコツ | 20:27 | トラックバック:0 | コメント:0
事業計画書はクソくらえ
あなたのビジネスを考える時
まず何を思い浮かべますか?

あなたが会社を退職して
自分のビジネスを興そうとしていると
想像してみてください。

どんな商品を扱うか考える?

ターゲットの客層は?
原価、経費はどのくらい?
利益はどのくらいでるかな?

事業計画書の書き方を調べる?
どこから融資を受ける?

そういうことを考える人が
多いと思います。

もし今、あなたが開業を検討して
計画しているとしたら、
「そうそう、あれこれ心配が多くてね」
とうなずいているかもしれないですね。

けれど、上記のような検討は
後回しにして

まず最初に考えること、

それは
「あなたがどうやって
お客さんの役に立つか」
ということです。

「人が欲しいと思っているモノ」を提供する

それは商品でも
サービスでも、
話し相手かもしれません。

猫の手も借りたい
かゆいところに手が届く

このようなイメージです。

誰がどんなことを望んでいるか

何を求めている人がいて
お金を払っても手に入れたい
というモノは何だろうか。

こういう商品を買う人は
そのモノを買うことで
どのような欲求を満たそうと
しているのか

街を歩く、すれ違う人達の
解決したい悩みはなんだろう

そのような
人が望んでいること、
解決したいと思っていること
手を貸して欲しいこと

それを提供することが
あなたのビジネスです。

試しに友人や家族、同僚に
聞いてみてください

「最近どんなことにお金を使った?」

「夜寝る前、ふと心配になって
眠れなくなるようなことってある?」

ダイエットしても
いつもリバウンドしてしまう友人は
「長期的に一緒にダイエットを見守って
くれる仕組み」が必要かもしれません。

ファッションを楽しみたい女性は
予算内でコーディネートしてくれる
サービスを頼んでみたいと
思っているかも。

ご年輩の夫婦は庭の草むしりを
手伝って欲しいと思っているかも
しれませんね。

「俺がどんなビジネスをするか」
ではなく

「どうやってこの人の悩みを解決してあげるか」
ということへ
視点をずらしてみてください

今まで見えなかったモノが
見えてくるかもしれません。

「自分のために」ではなく
「将来のお客さんのために」
「目の前にいるあなたのために」
出来ることを考えてみましょう。

まずはそこからスタートです。




| 未分類 | 22:38 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム | 次のページ>>

プロフィール

ブラックさとりん

Author:ブラックさとりん
アラフォーママのさとりんです。

以前はフルタイムで働いていましたが、現在は雇用されずに稼ぐ生活です。

稼ぐコツを聞かれることが多くなったので、メール通信にまとめました。http://m1form.jp/EBC/fr/0002/8NacD8

お金持ちになったけれど、一人ぼっちでは寂しすぎる。
豊かな人間関係と
恵まれた経済環境、両立の道をお知らせしています(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。